困窮世帯に那覇市が薬代助成 沖縄初「安心して治療を」

2016年2月10日 06:392時間前に更新
那覇市役所

那覇市役所

 生活苦で医療費が払えず、無料・低額診療(無低診)事業を受けている生活困窮世帯のために、那覇市が2016年度から、薬代の助成事業に乗り出すことが9日分かった。同様の事業は沖縄県内初。薬代が払えず病状を悪化させる患者を減らし、生活保護受給の手前にいる人々の救済を目指す。那覇市福祉政策課の當山忠彦主幹は「経済的に苦しくても生活保護を受けていない困窮世帯に安心して治療を続けてもらいたい。予算は小規模でも、救える人がいることを他市町村も知ってほしい」と話した。

9秒でわかる!サクッとニュース

カテゴリー別ニュース

人事情報

沖縄に関連する企業、行政の人事情報を、団体名、人名から検索できます。

※ 本サービスは沖縄タイムス紙面上に掲載された人事情報を検索するものです。全ての企業・団体の情報を扱うものではありません。また、できるだけ正確な情報を掲載するよう務めておりますが、全ての内容を保証するものではありません。本ページ掲載の情報をご活用の際には、ご自身での確認をお願いいたします。

    

沖縄タイムス社の教職員人事検索サービスです。沖縄県内の教職員人事情報を、学校名、人名から検索できます。

※ 本サービスは沖縄タイムス紙面上に掲載された人事情報を検索するものです。全ての企業・団体の情報を扱うものではありません。また、できるだけ正確な情報を掲載するよう務めておりますが、全ての内容を保証するものではありません。本ページ掲載の情報をご活用の際には、ご自身での確認をお願いいたします。

  

写真・動画ギャラリー

  • 沖縄も活況、春節「爆買い」期待し特設コーナー

  • 沖縄県内の銀行、預金金利下げも 長期金利マイナスが拍車

  • 鹿児島・薩摩川内市の温泉施設、沖縄の企業が経営へ

[PR] [PR]

タイムス×クロス - 沖縄の課題に次世代リーダーが挑む

 今年に入り、安倍首相や一部の自民党議員は、憲法改正に強い意欲を示しており、参院選の争点にしようとする動きもある。特に注目を集めているのが、緊急事態条項だ。自民党は2012年に発表した憲法改正草案で、戦争・内…

2014年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(文部科学省)によると、不登校の小学生は2万5866人、中学生は9万7036人に上る。全国で12万人以上の子どもたちが、学校で教育を受けられな…

辺野古新基地建設の抗議現場から本土の人々にも考えてほしいこと

木佐美 有
翻訳者/コピーライター
1
2016年2月3日 18:28

 まだ薄暗い早朝、オレンジ色の街灯に照らされた米軍キャンプ・シュワブのゲート前のテントに人々が集まり始める。名護市辺野古の新基地建設に反対し、抗議を続ける市民の集合場所だ。2015年11月から12月まで筆者も足を運ん…

庶民の胃袋と心を満たす沖縄県内の名店を、タイムス記者が食べ歩きます。
毎週金曜日、更新。

2月10日(水) 紙面

最新のコメント

注目のまとめ&トピックス