県内の在宅介護者を対象にした本紙アンケートで、暴力やネグレクト(介護放棄)の瀬戸際に立つ人たちの切迫した姿が浮き彫りになった。在宅介護の理由は家族としての愛情や責任感、経済的な事情、協力者の有無などさまざま。