「地域をエンターテインメントする」というクリエイターは沖縄にたくさんいるが、「さどやん」こと、佐渡山安博さんもその1人だ。彼の舞台は紙芝居。ストーリーを作り、絵を描き、自ら演じる。ウチナーグチを交えたスタイルにはファンも多く、本シリーズもその紙芝居を書籍化したものだ。 主人公は3人組の小学生男子。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。