こども医療費の窓口無料化の「現物給付」導入など低所得世帯への支援充実を目的に、県が示した「こども医療費助成事業」の見直し案について、41市町村長のうち「反対」が16人で、「賛成」の7人を大きく上回った。