2016年の沖縄県内農業産出額が1千億円を超える見通しであることが4日までに、関係者への取材で分かった。産出額の上位2位を占めるサトウキビと肉用牛が前年比約97億円増加し、全体をけん引。15年の935億円から1割増の1030億円超となる見込み。1千億円を超えれば、1995年以来、21年ぶりとなる。