那覇市安里のさいおんスクエア前では、街路樹のホウオウボクが鮮やかな赤い花をいっぱいに広げ、見頃を迎えている。梅雨の晴れ間となった6日、国際通りを行き交う観光客らが見上げては、花の赤と葉の緑と青空のコントラストをカメラに収めていた。

陽光に照らされ、風に揺れるホウオウボクの赤い花=6日、那覇市安里(田嶋正雄撮影)

 沖縄気象台によると、同日の最高気温は西表島で31・9度など、先島諸島の6カ所で今年最高を記録した。那覇は28・4度だった。向こう1週間、期間のはじめと期間の終わりは梅雨前線や湿った空気の影響で曇り、雨の降る所があるが、期間の中ごろは高気圧に覆われて晴れる見込み。