沖縄県内は7日、各地で晴れ間が広がり、15地点で今年最高気温を記録した。石垣市伊原間では32・8度を観測した。気象台は「梅雨の中休み」と見ている。

強い日差しの中、公園の噴水で遊ぶ子どもたち=7日午後、金武町・大川児童公園(喜屋武綾菜撮影)

 この時期の県内各地の最高気温は平年26・7~28・4度。7日は平年より2~3度高くなった地点もあった。12日ごろまでは前線が北上し晴れ間が広がり、湿った南からの風で蒸し暑い日が続く可能性が高い。

 懸念される県内ダムの貯水率は11ダム合計で60・6%(7日午前0時現在)となっている。