名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事が、岩礁破砕行為の差し止め訴訟を提起するのは、「県の許可は不要」という防衛局の主張と、その根拠となる水産庁の見解が「工事を進めるための恣意(しい)的な解釈ではないか」との疑念が拭えないからだ。