名護市辺野古の新基地建設での県と国の対立は、再び法廷闘争へと突入する。県は、新基地建設工事の阻止に向け、今回の訴訟を、埋め立て承認撤回の前哨戦と位置付け、国の法令違反をあぶり出したい考えだ。一方、国側は「時間稼ぎに過ぎない」と冷ややかだ。