県地域保健課は8日、熱中症が増え始める梅雨明けを前に、熱中症注意喚起第1号を発表した。県民や観光客らに暑さを避け、こまめに水分を補給するなどの予防を呼び掛けている。

梅雨の中休みで晴天が続く沖縄県

 本年度は「こ・え・か・け」をキーワードに注意喚起する。「こ=こまめな水分補給、え=炎天下を避けよう、か=風通しをよく、け=健康管理」を家族や職場、地域で声を掛け合い、熱中症防止につなげたい考え。