辺野古差し止め訴訟で県は国が翁長雄志知事の許可を経ないまま岩礁破砕を進めるのは県漁業調整規則が定めた知事の権利を侵害しているとして、那覇地裁に判決まで破砕行為をしないよう仮処分を申し立てる方針だ。審査では地裁が知事の権限を保全されるべき権利(被保全権利)と認めるかなどが争点となる。