翁長雄志知事は7日、名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めるのは県漁業調整規則に違反するとして、差し止め訴訟を提起すると発表した。国と県の見解や主張の違いなど論点と、訴訟のポイントをまとめ、これまでの四つの裁判を振り返る。