コンビニエンスストア国内最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)の古屋一樹社長は9日、沖縄県庁で記者会見し、2019年度をめどに県内に出店することを明らかにした。毎年、約50店舗出店し、5年後に250店の展開を目指す。

県内への出店を表明するセブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(左)=9日午前、県庁

 県内に現地法人を設立し、県民の好みに合った商品開発を進めるほか、専用工場を設け、プライベートブランド(PB)商品を届ける。経済特区を活用したアジア展開も視野に入れ、沖縄をハブ(輸送拠点)にPB商品を海外の店舗で販売する方針だ。県内企業との提携については「まだ決まっていない」と言及を避けた。

 古屋社長は「初年度の売上高は想定していないが、想定以上に売れると思う。(1号店は)個人的に10店は一度に出店したいと思っている」と述べた。

 県内コンビニ店舗数は沖縄ファミリーマート319店、ローソン沖縄212店で合計531店。セブンが250店舗を展開すれば、現状の約1・5倍に増加することになる。