【浦添】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の新王座に就いた沖縄県浦添市出身の比嘉大吾選手(21)=宮古工業高卒、白井・具志堅スポーツ=に対し、浦添市は9日、市民栄誉賞を贈った。市役所ロビーで行われた祝賀セレモニーには多くの市民らが駆け付け、受賞を祝った。

多くの市民から拍手で迎えられ、笑顔で応える比嘉大吾選手(中央)=9日午後2時、浦添市役所

 大きな拍手で迎えられた比嘉選手は「浦添市で生まれたことを誇りに、もっと活躍して浦添、沖縄の名を世界に広めていきたい」と力強く語った。

 松本哲治市長は「世界で一番強い男が浦添市から誕生したことは、多くの市民県民に大きな勇気を与えた」とたたえた。

 2011年に創設された同賞の受賞は、リオデジャネイロ・パラリンピックのウィルチェアー(車いす)ラグビー銅メダリストの仲里進選手に続き2人目。