米軍普天間飛行場の移設先をめぐり、自民党の石破茂幹事長が県関係の自民国会議員でつくる「かけはしの会」(西銘恒三郎会長)に、名護市辺野古移設を受け入れる決断の期限を25日と伝えていたことが22日分かった。