大河のように流れ去った民衆の歴史の深部には逆流に抗した思想の水脈が沈み込み、いつしかそれが不死鳥のように生き返ることがある。 1956年からの沖縄の「島ぐるみ闘争」は72年の「復帰」実現によってひとつの到達点を迎えた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。