沖縄県の宮古工業高校でボクシングを始め、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者に輝いた比嘉大吾選手(21)=浦添市出身、白井・具志堅スポーツ=の凱旋(がいせん)パレードが11日午後、宮古島市の西里通りで行われた。主催者発表で3千人が集まった。

大勢の市民に迎えられ、オープンカーでパレードする比嘉大吾選手と具志堅用高会長=11日午後4時22分、宮古島市の西里通り

 オープンカーに乗った比嘉選手と具志堅用高会長が手を振りながら約400メートルをパレードした。沿道にはカメラや優勝記念のうちわを持った多くの市民が詰め掛け、宮古島が育んだ世界王者の誕生を祝った。