わらべ歌を通し、しまくとぅばの世界を楽しむ講座が10日、宜野湾市男女共同参画支援センター「ふくふく」であった。沖縄各地のわらべ歌を調査した県立芸大講師の比嘉悦子さんが歴史や文化的な背景を話し、「耳切(みみち)り坊主」などを歌った。30人余の参加者は子どものころに親しんだ歌を一緒に口ずさみ、楽しんだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。