最後の切り札である「撤回」をする前に工事差し止め訴訟を起こすことは、もしかしたら米国で芽生え始めている希望のつぼみを摘み取り、「伝家の宝刀」をもさびさせてしまうかもしれない。 翁長雄志知事は7日、名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が進める埋め立て工事の差し止め訴訟を起こすと表明した。