【瀬底島=本部】地域の魅力とふるさとへの愛着を深める2014年版カレンダー「ちゅら島瀬底暦」がこのほど発行され、瀬底区公民館や島内の商店で販売されている。

暦の表紙に使われた国指定重要文化財「土帝君」の前で、カレンダーをPRする公民館書記の宮城和枝さん=本部町・瀬底島

 3年連続の発行で島内の祭祀(さいし)や年中行事を一覧にし、家庭行事を緑色表示にすることで日常生活の中に取り入れ、活用しやすく工夫。写真は各月の行事に合わせ、1年間の歩みや老人会、婦人会、青年会、郷友会などの活動の様子も掲載している。身近に置いて島外の出身者にも「ふるさと」を楽しめるようにした。

 シークすぐりむん(瀬底の著名人)の欄を設け、各界で功績のあった人を屋号入りで紹介、より親しみやすさを感じさせる構成にしてある。

 カレンダーは千部発行。島内の各戸へ配布し、残りを販売する。サイズはA2判、14ページのフルカラー。問い合わせは瀬底区公民館、電話0980(47)3741。(島袋仁明通信員)