県議会の議会運営委員会(大城一馬委員長)は13日午前、6月定例会の日程を20日から7月14日までの25日間に決定した。開会日の20日の本会議で12日に死去した大田昌秀元知事に黙とうすることも決定した。

6月定例会の開会日に大田昌秀元副知事への黙とうを決めた県議会の議会運営委員会=13日、県議会

 6月定例会では名護市辺野古の新基地建設問題を巡り、県が国を相手に工事の差し止めを求める訴訟の議決案を提案する。県議会は与党多数のため、7月14日の最終本会議で可決される公算が大きい。