次世代を切り開くウェブ上のジャーナリズム作品を決める「ジャーナリズム・イノベーション・アワード」が24日法政大学であり、沖縄タイムスとGIS沖縄研究室(渡邊康志主宰)が制作した「地図が語る戦没者の足跡」が、エントリー38作品中2位を獲得した。データジャーナリズム分野の特別賞も受賞した。

1位に輝いた首都大学東京の渡邉英徳准教授(左)と2位の沖縄タイムスの與那覇里子記者=24日、法政大学

 同アワードは日本ジャーナリスト教育センターの主催。法政大学社会学研究科共催。2014年にウェブ上で発表された新聞社や大学のメディア研究者らのジャーナリズム作品がノミネートされた。来場者の投票で上位5作品を選抜し、5作品のプレゼンテーションで最優秀作品を決定した。

 1位は首都大学東京の渡邉英徳研究室の「台風リアルタイム・ウォッチャー」、3位はNHKネットデータファクトリーの「NHKインタラクティブニュース」が選ばれた。

 法政大学の藤代裕之准教授は沖縄タイムスの作品に「丁寧で、土地柄も生かした作品。ネットの時代になっても人に思いが伝わり、世界に発信できる取り組み」と講評した。

 「地図が語る戦没者の足跡」は沖縄タイムスのホームページから見ることができる。