那覇港管理組合議会(崎山嗣幸議長)は13日午後、沖縄県庁に翁長雄志知事を訪ね、那覇港に第2クルーズバースの早期整備を求める意見書を手渡した。翁長知事は「那覇港管理組合と連携し、実現に向けて頑張っていきたい」と早期整備に取り組むとした。

那覇港若狭バースに停泊する大型クルーズ船(資料写真、2015年7月撮影)

翁長雄志知事(右)に意見書を手渡す崎山嗣幸議長=13日午後、県庁

那覇港若狭バースに停泊する大型クルーズ船(資料写真、2015年7月撮影) 翁長雄志知事(右)に意見書を手渡す崎山嗣幸議長=13日午後、県庁

 意見書では、那覇港に寄港するクルーズ船が飛躍的に増加している現状を指摘。外国人観光客の貨物専用バースでの受け入れは満足度が低下し「沖縄観光のイメージダウンにつながりかねない」として、22万トン級まで対応可能な第2クルーズバースの早期整備を求めている。