プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは24日、滋賀県の野洲市総合体育館で同地区4位の滋賀レイクスターズと第29戦を行い、75-54で快勝した。キングスは7連勝で通算成績は25勝4敗。順位も単独首位に浮上した。

 キングスは第2、3Qをそれぞれ7失点に抑えるなど、隙のない守備が機能し滋賀に21点差をつけた。

 第1Q、ターンオーバーやファウルを重ね、なかなかリズムに乗れず12-19。第2Qで金城茂之が3点弾を決め逆転。アンソニー・ケントのミドル、アンソニー・マクヘンリーのドライブも決まり5点差をつけた。第3Q、機器トラブルで約30分中断したが、集中力を切らさずリードを26点に広げ、大勢を決めた。

 次戦は25日、同体育館で行う。(観客数1704人)