ウミガメが産卵した沖縄県豊見城市豊崎の美らSUNビーチは、コアジサシの繁殖地にもなっている。13日、卵からかえったコアジサシのひな2羽と卵7個が確認され、その上を親鳥が警戒するように飛んでいた。

利用者の多いビーチに、コアジサシの卵7個とひな2羽が確認された=13日、豊見城市豊崎・美らSUNビーチ(喜屋武綾菜撮影)

 指定管理者のTSP管理共同企業体によると、大勢の来場者が予想される17日のAKB48のイベントでは警備員を配置し、人が近寄れないよう対策を取る。

 沖縄野鳥の会の山城正邦会長は「卵がふ化し、自然に飛び立っていくまで温かく見守ってほしい」と呼び掛けている。