サッカーJ3のFC琉球は23日、J2長崎から期限付きで移籍していたFW中山悟志(33)の完全移籍と、DF河端和哉(33)の移籍期間満了を発表した。

 中山は2013年8月に加入。昨季はワントップを任され、リーグ戦32試合に出場して5点を挙げた。チーム最年長となる中山は、球団を通じて「沖縄県、FC琉球のために何事にも全力で取り組んでいきます」とコメントした。

 河端は同年7月に加入し、主にセンターバックとして2季で通算35試合に出場した。今季から東北1部リーグのラインメール青森に移籍する。