ボクシングの第46回全九州高校新人大会第2日は24日、県立武道館で各階級準決勝を行った。県勢はフライ級の大湾硫斗(美来工)が判定勝ちで、ウエルター級の本村隆太郎(浦添)はTKO勝ちで決勝に進んだ。大湾は、同級2位以内に与えられる全国選抜大会(3月・岡山県)の出場権を得た。最終日は25日、同武道館で各階級決勝を行う。