2017年(平成29年) 12月14日

沖縄タイムス+プラス ニュース

大雨の辺野古、60人座り込み 「非暴力の闘い続ける」

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では14日朝から、新基地建設に反対する市民約60人が座り込んで工事に抗議した。市内に大雨・洪水警報が出る中、「非暴力の闘いを続ける」と誓い合っていた。

 午前10時半まで、建設工事に使われる土砂などの搬入は行われていない。沿岸部での作業も確認されていない。座り込み抗議をする市民らは大雨の影響で一時、ゲート前からテント内に避難した。

 同日朝、大浦湾を目視した市民が「雨の影響で大浦湾が茶色く濁っている。汚濁防止膜が全く効果を発揮していない」と報告した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間