ウエルター級の本村隆太郎(浦添2年)は、落ち着いていた。「相手を見ながら打った。パンチはどれも手応え十分だった」。相手の出方を冷静に読み、狙い澄ましたパンチを繰り出した。 2回に入って真骨頂のコンビネーションを発揮する。集中力を研ぎ澄まし、相手のパンチをかわして前へ前へ。