「カウンター狙いなのは分かっていた」。フライ級の大湾硫斗(美来工1年)は、相手の戦略を逆手に取って攻めた。 緩急を使ったフットワークからジャブを放つ。すぐにガードを上げてカウンターに対応し、効果的なパンチを何度も見舞った。 着実にポイントを稼ぎ迎えた最終回。ワンツーが相手の顔を捉え始める。