プロ野球ソフトバンクの東浜巨投手(25)が、強い決意で3年目のシーズンに臨む。沖縄尚学高、亜細亜大で常にエースとして脚光を浴び、大きな期待を背負ってプロ入りした。だが2年間で一軍登板は12試合にとどまる。5勝3敗という成績も、不本意と言わざるをえない。