元沖縄県知事で12日に92歳で死去した大田昌秀さんの遺体が14日、荼毘(だび)に付された。前日に通夜が営まれた浦添市伊奈武瀬のいなんせ会館では、妻の啓子(けいこ)さん(86)ら親族や教え子、知事時代の部下が手を合わせて出棺を見守った。告別式は15日午後2時から3時半、同会館で。喪主は啓子さん。

大田昌秀元沖縄県知事の出棺に際し、遺影や位牌(いはい)を掲げる親族=14日午後、沖縄県浦添市

 朝から続いた雨は、大田さんが歩んだ激動の人生を表すかのように、出棺時刻が近づくにつれ激しさを増した。棺は琉球大学の教え子ら10人余りに抱えられ、霊きゅう車に収められた。

 知事在任中の朗らかな表情をとらえた遺影は三男の秀明さん(49)が、位牌はめいの大城民江さん(67)が手にした。車椅子に乗り、夫に寄り添った啓子さんは憔悴(しょうすい)しきった表情。ハンカチであふれる涙を拭いながら、ドアが閉まった霊きゅう車に何度も、何度も手を伸ばした。旅行に連れて行ってもらう約束をしていたというが、果たせないままの別れとなった。

 長男の博明さんは心の中で「本当に長い間、お疲れさまでした」と声を掛けた。「頑固一徹でしたけど、優しかったですね」と父の背中を振り返った。

 弔問には、東アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫元首相も訪れた。大田さんとの共著は完成を目前にしていた。「これからもずっとご指導いただけると思った矢先だった」と振り返り「沖縄と日本の関係を変えようと努力した方。師を失ったような思い。残念で、残念でならない」と故人をしのんだ。