12日に死去した元知事の大田昌秀氏は、1990年11月の知事選で初当選し2期8年を務める間、基地問題と経済振興の二つの課題の解決に苦心した。