【山城博明通信員】オキナワ移住地の新年祝賀会が元日にそれぞれの地域長主宰で行われた。

ビンゴゲームを楽しむ子どもやお年寄り=オキナワ移住地

 第1移住地では安里ファウスト地域長主宰で地域の体育館で、バレーボールや紅白カラオケ合戦などを楽しんだ。第2移住地では、地域公民館にて真栄城豊地域長主宰で行われた。食事の後はビンゴゲームを楽しんだ。会場には賞品がズラリと並び各自が好きな賞品を選ぶ方式で、娯楽ではあるが誰もが真剣にカードを見つめ、あと何個でビンゴだと声を上げ盛り上がった。

 第3移住地では、謝花喜一地域長主宰で地域公民館でビンゴゲームやカラオケを楽しんだ。ビンゴゲームではカードの数字の上にトウモロコシの粒を置いた。

 第2移住地の真栄城地域長は「昨年はオキナワ移住地入植60周年祭や地域行事などいろいろあったが地域の皆さんに支えられて無事終えることができた。今年も皆さんの協力、理解を得て地域を良くしていきたい」と年頭の抱負を述べた。