【東京】「沖縄の民意に従え」-。名護市辺野古への新基地建設に反対する「国会包囲ヒューマンチェーン」が25日、都内であった。主催者によると約7千人が参加。沖縄の海を表す青い色の服などを着けた市民らが国会を取り囲み、安倍政権が進める米軍普天間飛行場の返還に伴う辺野古への移設に反対の声を上げた。

米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への基地建設に反対し、国会を取り囲む人たち=25日午後、東京・永田町

 周辺には「美ら海を守ろう」「辺野古を埋め立てるな」と書かれたプラカードを持つ人らが長蛇の列をつくって並び、「基地を造るな」「政府は沖縄の声を聞け」と、つないだ手を上げて抗議した。

 午後3時15分と、同30分には、国会を囲んだ「人の鎖」がつながった。

 参加者の多くが「声を上げ続けよう」「沖縄に行って座り込みに参加しよう」などと根気強く取り組む意気込みを語った。