沖縄明治乳業(浦添市、村田紳社長)と沖縄工業高校はこのほど、コラボ企画商品「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」を県内のコンビニやスーパーで発売した。ドラゴンフルーツとリンゴの果汁を使ったピンク色の氷菓で、チョコレートのパフでドラゴンフルーツの種を表現した。税別90円。

沖縄明治乳業と沖縄工業高校がコラボした氷菓「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」

「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」をPRする沖縄工業高校生ら=15日、那覇市の沖縄タイムス社

沖縄明治乳業と沖縄工業高校がコラボした氷菓「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」 「ドラゴンフルーツ&アップル味のぴんくいばぁ」をPRする沖縄工業高校生ら=15日、那覇市の沖縄タイムス社

 企画に参加したのは、生活情報科を今春卒業した5人。ドラゴンフルーツが大好きだという大城モナさん(18)がアイス化を提案した。商品名には「ピンク色のバー」と「ピンク色なの?!」の二つの意味をかけた。

 外装は5人の顔写真入りで、大嶺華蓮さん(19)は「『この子たちが作ったんだ!』とピンク色の雰囲気を感じてから食べてほしい」と話す。高校生が制作した商品のPR動画は沖縄明治乳業のホームページの「商品情報」から見られる。16~18日は那覇市民体育館内で販売する。