「希羽(のあ)ちゃん、おかえり。ようこそ沖縄に」―。昨年2月に米国で心臓移植手術を受けた浦添市の翁長希羽ちゃん(3)と両親らが15日、術後の治療などのために滞在していた大阪から一時帰郷し、沖縄県庁で会見を開いた。

笑顔で記念撮影に納まる翁長希羽ちゃん(中)と、父親の司さん、母親の涼子さん=15日午後、沖縄県庁

 母・涼子さん(42)の出身地、熊本で生まれた希羽ちゃんにとって初めての沖縄。父・司さん(41)に抱かれた希羽ちゃんは、報道陣の呼び掛けに、人さし指を頬に当てて笑顔を浮かべ、時折、声を出してはしゃいでいた。

 司さんは目に涙を浮かべながら、「県民をはじめ支援してくれた皆さま、本当にありがとうございました。夢だった、希羽を沖縄に連れて帰ることができた。希羽の笑顔を見せることが恩返しだと思っている」と多くの人の支援に感謝した。

 涼子さんも「予定より半年以上遅れたが、おかげさまで元気な希羽を沖縄に連れて来ることができた。移植前も、長期入院中もたくさんの方々に励ましの声をいただき、支えになった」と涙ながらに話した。

 希羽ちゃんは、昨年9月に帰国。術後に「移植後リンパ増殖性疾患」にかかり、大阪の病院で治療を続けていた。疾患がほぼ完治したため、14日に退院。今後は涼子さんの実家のある熊本に滞在し、大阪の病院への通院治療などを続けるという。

 司さんは「希羽が少しずつ元気になって、沖縄に来られるようになれば、沖縄の青い空、青い海を満喫したい」と話した。

 今回の沖縄滞在は18日までで、世話になった人々へのお礼まわりや、ドライブをして希羽ちゃんに沖縄の景色を見せる予定という。