沖縄気象台は26日、沖縄地方の2月2日ごろから1週間の気温が平年よりかなり低くなるとして、異常天候早期警戒情報を発表した。平年気温との差がマイナス2.2度以下になる確率が30%以上といい、農作物の管理などに注意するよう呼び掛けている。

 沖縄地方は今後1週間程度は平年並みの気温で、その後低くなる見込みという。