沖縄防衛局は15日、東村高江の米軍ヘリパッド「H地区」着陸帯付近の資材置き場から、約10立方メートルの土砂流出を確認したと発表した。14日に総雨量200ミリ超の豪雨があったためとした。赤土流出を防ぐためシートで覆う応急措置を講じ、16日以降に詳細な調査を行うとしている。