沖縄県今帰仁村天底(あめそこ)区の田港朝弘区長が公民館内の花壇で山形に整えた、園芸品種のインパチェンス(ツリフネソウ科)が訪れる人たちの目を楽しませている。

山形に整って咲くインパチェンス=今帰仁村・天底区公民館

 田港区長がインパチェンスを植え、「山形」にしたのは3年前。株は違うが今年で3代目となる。今回は昨年12月、約300株を1人で植え付けた。花壇は長さ約10メートル、幅約2メートル。中心部が高くなるように多く施肥をし、アーチ形にしたという。

 花径は約4センチ。中心部は高さ約70センチ、裾は約50センチ。田港区長は「白、オレンジ、ピンクなど全部で6色咲いている。GWの雨の時に少し倒れかけたが、何とか持ちこたえた」と笑顔。「900人の区民が花を見て喜ぶ顔が好きだから植えている」と話した。毎日花を見に来る伊是名和子さん(80)は「インパチェンスは競い合って咲いている。花壇の角にはベゴニアの囲いでハートマークも作っているから上等」と喜んだ。(玉城学通信員)