沖縄はジャッキーファンが多い土地柄らしい。一生懸命なのにどこか抜けていて常に弱いものの味方であるという、分かりやすいヒーロー像もその一因であろう。

「レイルロード・タイガー」の一場面

 1941年中国。鉄道で働くマー(ジャッキー・チェン)はたびたび仲間たちと列車を襲撃し、完全武装の日本軍から食料を頂戴していた。そんな中、日本軍の物資輸送の重要拠点である橋の爆破に失敗したメンバーをかくまった経緯から、その役目をマーたちレイルロード・タイガースが引き継ぐ事になる。

 ジャッキーもすでに63歳。激しいアクションをこなすには厳しかろうと思うのだが、気負わずに真面目さとユーモアを備えたたたずまいは変わらない。彼がどんな役をこなすかと言うより、ジャッキーの映画に対する愛が人を引き付けてやまないのだろう。(スターシアターズ・榮慶子)

◇きょう16日からシネマQ、ミハマ7プレックス、サザンプレックスで上映予定