琉球大学島嶼(とうしょ)防災研究センター(波平宜敬センター長)が、災害時にも維持できる通信ネットワークの構築を目指している。現在使われていないテレビ放送用の周波数「ホワイトスペース」を活用する。