まさか、私が大田昌秀氏の遺作となった本書を紹介することになろうとは思いもよらなかった。5年前、私は大田氏に「やんばるの戦争究明を頑張れよ」と励まされた。お酒が入っていたこともあり、子どものように頭をなでられた。あのぬくもりを想(おも)い出す。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。