ハンセン病患者と回復者に対する社会的差別の撤廃に向けた「グローバル・アピール2015」宣言式典(主催・日本財団、国際看護師協会)が27日、東京都内のホテルで開かれた。スリン・ピッスワン元ASEAN事務総長や森和男全国ハンセン病療養所入所者協議会長ら12人が「ハンセン病の患者、回復者、家族への差別をなくし、人としての権利享受に平等な機会と尊厳ある生活を営む権利を支持します」との宣言文を読み上げた。

ハンセン病への差別をなくそうと訴える「グローバル・アピール2015」が宣言された=27日、東京都・ANAインターコンチネンタルホテル

 式典冒頭では安倍晋三首相があいさつに立ち「わが国もかつて施設入所策により患者の人権に大きな制限と制約をもたらし、社会的差別を助長した。それを反省し、回復者が穏やかに暮らせるよう、ハンセン病の差別解消に取り組んでいく」と述べた。

 元ASEAN事務総長のスリン・ピッスワンさんは「ハンセン病問題で深刻ななのが社会的差別だ。治療面では制圧国が残り1国まで減っている中、変わらない差別がある。差別は社会の疾患であり、適切な治療の弊害ともなる。真の意味で、世界からハンセン病がなくなる日を思い描こう」と呼びかけた。

 グローバル・アピールは日本財団が主催し2006年から各国で、当事者や医療関係者、企業の代表者らにより発表されてきた。10回目の今年、初めて日本で開催された。