南北大東、多良間島の小・中学校がタブレット端末を使った授業を行っている。地域活性化コンサルタントのカルティベイト(那覇市)が沖縄セルラー電話(同)と連携し、2014年度から始めた事業の一環だ。情報を集めて活用する力を身に付け、島外の高校へ進学した後も、自信を持って学べる環境づくりを支援している。