認知症の対策が社会的課題となる中、「認知症サポーター」と、サポーター養成を担う「キャラバンメイト」は県内で計3万7358人(12月末日現在)で、人口比で全国で最も少ないことが27日までに分かった。