沖縄を代表する二つの平和祈念資料館で、県内の利用客が大幅に減っていることが明らかになった。背景の一つには、学校の平和教育の先細りがあるとの声もある。戦争体験者が少なくなり、教員の世代交代も進む中、現場教員らは平和教育のあり方に頭を悩ませる。