【東京】新聞労連は28日、第19回新聞労連ジャーナリズム大賞の授賞式を東京都文京区の文京区民センターで開き、沖縄タイムスと琉球新報の「基地移設問題と県知事選などをめぐる一連の報道」に大賞を贈った。

沖縄タイムスを代表して表彰状を受け取る吉田央記者(右)=28日、東京・文京区民センター

 沖縄タイムスを代表して表彰状を受け取った本社編集局政経部の吉田央(なか)記者は「本土や県外メディアには沖縄は基地で成り立っているとの誤解が根強くある。県民の意思に寄り添い粘り強く報道を続けるのが県紙の使命であり、今後もその姿勢を貫きたい」と語った。

 同賞は平和と民主主義の確立などに貢献した記事へ贈られる。選考委員の柴田鉄治さんは「沖縄の2紙は取材を通し読者へ考える材料を与えている。全国で最も新聞らしい新聞だ」と講評した。

 その他の表彰は次の通り。優秀賞=北海道新聞「特定秘密保護法成立後の一連の報道」、宮崎日日新聞、下野新聞「子どもの貧困をめぐる一連の報道」▽特別賞=朝日新聞「原発吉田調書をめぐる特報」▽疋田桂一郎賞=新潟日報「証言 村松の少年通信兵」