昨年6月にオスプレイを使用した日米共同訓練の受け入れ容認を決議した群馬県の榛東村議会の金井佐則議長らは27日、沖縄県庁に浦崎唯昭副知事を表敬訪問し、「村議会として決議で示した意思は今でも変わらない」と沖縄の米軍基地負担の軽減に協力する姿勢を伝えた。

 浦崎副知事は「負担が集中する現状から一日も早く脱したい中で(訓練受け入れの)決議は感謝に堪えない」と述べ、榛東村の決議をきっかけに全国で基地負担の分担の声が上がることを期待した。

 金井議長らは県庁訪問に先立ち、オスプレイが配備されている米軍普天間飛行場を宜野湾市の嘉数高台から視察し、同市役所では佐喜真淳市長と面談した。