民事再生法の適用を申請した国内航空3位のスカイマークは、28日に就任した有森正和社長が29日に東京都大田区の本社で記者会見し、3月29日以降の夏ダイヤで沖縄県の石垣、宮古の両空港から撤退し、中部-那覇線を減便すると発表した。全国の不採算路線を一部縮小し、減便も実施する方針を示した。2月1日から3月28日まで、現在の1日152便のうち24便を運休して128便に減らす(水曜日は126便)。